個人インディーズレーベル運営研究所

個人でインディーズレーベルを運営するためのノウハウサイト。録音技術からCDやDVD作成、販売方法や音楽配信方法など

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
ホーム > アーカイブ - 2005年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンガーソングライター

僕の側にはいつもシンガーソングライターがいて、話をする機会が多いのだが、彼らは作詞、作曲、歌を自分でこなしているので、作品自体を完成させるのに、かなり時間がかかるらしい。

通常、作詞、作曲、歌手やエンジニアとしてそれぞれ職業が成り立っている場合、それらほとんどは自分の職業以外のことをあまり考えなくていい。

しかしシンガーソングライターは全て自分でこなさなければならないので、妥協が出来ないのである。

日々の憂鬱をも感性としてとらえてしまう彼らにとって、自分の作品である楽曲を歌手として歌っているにもかかわらず、生活そのものが歌になり違う日を迎えるごとに同じ作品でも毎日違って感じてしまうので始末が悪い。

その日調子が悪ければ、詞や、曲調を変えたりしてしまえるのである。
後先考えず。

結局は数年もかかって納得がいく作品が出来上がったりするのが普通らしいのだが、役割分担された音楽関連会社組織では、こういう人材を見つけて育て上げるという時代は終わっているのかもしれない。

アーティストと言われる人ほど職人であり、芸術性に関してこだわりがあり、いい作品ほど時間がかかるものかもしれない。

時間をかけるだけ企業にとってはリスクも多くなり、売れなかった反動も大きく、結局個人攻撃で終わってしまう。

かつて大手レーベルの中心的存在であった大物演歌歌手でさえも、淘汰される時代なのだ。

インディーズ活動形態で成功し実績をあげていく企業や独立系レーベルが注目されていくのは当たり前の時代になってきている。

個人でも一流ミュージシャンの仲間入りをするのは、アイデア次第なのである。

スポンサーサイト
[ 2005/10/26 21:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

CDロゴアグリーメント

フィリップス日本支社から私が送った個人的な内容に関してのロゴアグリーメントに関する返信があった。

CDRやCDのロゴはライセンス契約において掲載されなければならない旨の詳細が書かれてあり、契約金額や詳細が掲載されているHPアドレスを教えていただいたが、実際に訪れてみると、まだ日本語のページが作成されていない。
これだけ一般的になっているCDのライセンスについて、日本語で読めないのはいささか腹立たしいというか、今までが大企業の中での契約話で通用していたのだろう。

大企業の中には当然グローバルスタンダードの共通語である英語表示のみである。

中学2年レベルでしかない私の英語能力では、契約も出来ない。
でも個人でライセンス契約を結ぶためには諦めるわけには行かないので、考えるしかない。
HP自動翻訳ではあまりにも不正確すぎる。
簡単で低価格な英文を正確に翻訳できるサービスはどっかにないのかなあ??

[ 2005/10/24 22:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

丸山茂男氏の挑戦

この12月にまた面白いことが起こりそうだ。
ソニー・ミュージックエンタテインメントの元代表取締役社長丸山茂男氏が
”楽曲は原則無料、CD-Rやポータブルオーディオプレイヤーへのコピーは自由”
という音楽配信サービスを12月に開始予定である。

僕自身もアーティスト支援サイトを3つほど運営していて、彼らの活動をよく見ているのだが、音楽配信という媒体から一流のアーティストが誕生するのは、そう遠くない話だと思っている。かなり前からインターネットを使ったCD販売や作品の宣伝など、表立ってライブ活動などしていない、いわゆるネットミュージシャンの存在が爆発的に増えておりそれに伴った音楽関連サイトのアクセスも右肩上がりだ。

ネットミュージシャンの活動の場は様々でまさに隙間産業である。

趣味の範囲で楽しんでいる方、例えば、自分で作詞作曲したメロディーにカラオケ(DTMソフト等を使ってBGMを作る方法もある)をつけ、歌をミキシングさせてCDにしたり、本格的なプロが使うDAWソフト(ミキシングやマスタリングなど、音声ファイルをいくらでも加工出来る)を使いこなし、映像CDやゲームソフトへの楽曲提供や、ゲームソフトへのMIDIデータ提供であったり、中小企業ホームページBGMや社歌の作詞作曲であったり、あまり一般的には知られていないところで活躍しているようだ。

もちろん彼らは自分で著作権を持っており作品の使われ方に関しては音楽事務所と契約している場合もあるだろうし、どこへも所属せず自分自身で営業活動している場合など全く自由にインディーズ活動を行なっている。

今年2月に湯島レコードがゼロストCD(コピーや加工が自由)を発表し、話題になったが、

”音楽配信初のビッグアーティストを生み出したい”
という目的ではっきりした意思表示をし無料でしかもコピーまで自由という配信サイトは今までに無かったと思う。

今後目が離せないブックマークがまた増えた。
http://mf247.jp/

関連記事
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000050154,20086678,00.htm

[ 2005/10/23 16:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
sponsored link
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。