DTM レコーディング(自宅録音方法)機材 PA MTR マイクの選び方 個人インディーズレーベル運営研究所

個人でインディーズレーベルを運営するためのノウハウサイト。録音技術からCDやDVD作成、販売方法や音楽配信方法など

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
ホーム > スポンサー広告 > DTM レコーディング(自宅録音方法)機材 PA MTR マイクの選び方ホーム > レコーディング関係 > DTM レコーディング(自宅録音方法)機材 PA MTR マイクの選び方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DTM レコーディング(自宅録音方法)機材 PA MTR マイクの選び方

音楽機材や楽器を販売しているお店や雑誌、カタログなどを見ていると、いろんなメーカーのものがあり、迷ってしまいますね。

一言にレコーディングといっても、デジタル環境が整った現代は、人によって様々な録音方法があります。

MIDIを使って、ゲーム音楽を作っている場合もあるだろうし、バンドの方ならばメンバー全員の楽器や、ヴォーカル、コーラスを録音する場合もあります。

またユニットのかたは、バッキングを打ち込みで作ってボーカルを乗せていったり、CDを製作する場合なら、スタジオで録音、自宅で録音、ストリートライブやライブハウスでの録音など、ジャンルや場面によって様々ですね。




マイク1つにしても、カラオケマイクで録音してる方からプロ顔負けの何十万円もするコンデンサマイクを使っている方もいらっしゃいます。

ここでは手ごろな価格でプロも使っているような機材がどんなものなのか紹介したいと思います。

マイクやレコーディング機材、宅録機材の選び方

[ 2010/04/18 14:14 ] レコーディング関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
sponsored link
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。