紙ジャケットCD/DVDケースを作ろう! 個人インディーズレーベル運営研究所

個人でインディーズレーベルを運営するためのノウハウサイト。録音技術からCDやDVD作成、販売方法や音楽配信方法など

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
ホーム > スポンサー広告 > 紙ジャケットCD/DVDケースを作ろう!ホーム > 紙ジャケットの作り方 > 紙ジャケットCD/DVDケースを作ろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

紙ジャケットCD/DVDケースを作ろう!

紙ジャケットの歴史は、というドーナツ状の円盤に記録された音源溝を針で引っかいて音をアンプで増幅させて鳴らしていた時代にさかのぼります。

洋盤CDなどで一部限定発売されている紙ジャケット は、CDが主流になる前は、レコードというアナログ音源の表紙を努めていました。
ジャケット


当時はレコードジャケットが芸術作品として評価されてたこともありました。

デジタルが主流でない時代は、カメラも当然フィルムを使って撮影されていて、カメラマンの技量や、デザイン構図、編集テクニックがレコードの売り上げに多大な影響を与えていました。

アーティスティックな120センチ角に凝縮される現代のCDジャケットや紙ジャケットのデザインも、音楽と芸術が融合された現代芸術の大きな財産であり、かつてのレコード盤の新しい表現の場として大きな意味を持っています。

この紙ジャケットを自分で作ってみませんか?
プラケースより、低コストで収納スペースも少なくて済みます。

詳しい作り方はこちら↓

紙ジャケットの作り方

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
sponsored link
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。