CDやDVDの盤面印刷方法 個人インディーズレーベル運営研究所

個人でインディーズレーベルを運営するためのノウハウサイト。録音技術からCDやDVD作成、販売方法や音楽配信方法など

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
ホーム > スポンサー広告 > CDやDVDの盤面印刷方法ホーム > 自主制作CD/DVDの作り方 > CDやDVDの盤面印刷方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CDやDVDの盤面印刷方法

CDやDVDの盤面印刷(CDラベル)については、少し注意点があります。

CDスロットイン



スロットインタイプの機器

CDR盤面に印刷する方法には、

●CD盤面自体に印刷する方法と、
●CDに印刷したラベルを貼り付ける方法

がありますが、後者には少し問題があって、スロットインタイプの機器(CDプレーヤーや、パソコンのCD挿入口で、CDを差し込むと自動的にCDを引き込むタイプ)は誤作動を起こしたり、CDが取り出せなくなる危険があります。

これは、ラベルを貼ることによってCD自体の厚みが増し、スロットインタイプの機器の場合取り出し時の抵抗が増えるためです。

また、貼り付け方がずれていたりすると、スロットインタイプの機器の場合以外でも回転時にCDが芯ブレを起こし、読み込み不可になったり、CD再生機器自体の故障の原因にもなります。

せっかく作ったCDも聴いて頂くかたにこんな迷惑をかけてしまっては問題と思い、当初私も 気がついた時点で、プリンタを直接印刷できるタイプに買い換えました。

当サイトではこの理由により、販売を目的とするオリジナルCD制作においては、CD盤面へのダイレクト印刷を強く推奨しています。

CD/DVD盤面へのダイレクトプリント方法についての詳細をまとめてみました。

CDやDVDの盤面印刷方法や印刷機器コーティングについて


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
sponsored link
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。