音響機器や楽器の接触不良を直す方法 個人インディーズレーベル運営研究所

個人でインディーズレーベルを運営するためのノウハウサイト。録音技術からCDやDVD作成、販売方法や音楽配信方法など

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村
ホーム > スポンサー広告 > 音響機器や楽器の接触不良を直す方法ホーム > レコーディング関係 > 音響機器や楽器の接触不良を直す方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

音響機器や楽器の接触不良を直す方法

楽器を弾いているときや、音響機器をセットしているときなど、バリバリ嫌な音がするときがありますね。
しかし、ただの接触不良と思って放っておくと大変なことになります。

バリバリなっている間は、スピーカーやヘッドホンに相当な負荷がかかっていて、最悪はスピーカーが、飛んでしまいます。
壊れてしまうんです。

そんなことにならないために、接触不良の直し方をまとめてみました。

楽器、音響機器の接触不良の直し方

[ 2009/04/21 18:28 ] レコーディング関係 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
sponsored link
ブロとも申請フォーム
全記事表示リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。